事例・実績

ウェブARで卒業式・入学式気分が味わえる早稲田大学のシンボルがおうちに出現

早稲田大学 様
早稲田大学 様

早稲田大学の卒業式・入学式の記念コンテンツにウェブAR・ブラウザAR®「LESSAR」が採用されました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、早稲田大学では卒業式及び入学式の中止を決定しましたが、卒業式・入学式は一生に一度の大事な記念日でもあるため、卒業生と入学生たちに少しでも式の気分を体感してもらいたいという思いからAR企画を実施しました。

卒業式・入学式当日、早稲田大学の公式サイトにて、ウェブARを活用した記念コンテンツ「3D大隈重信」「3D講堂」「記念フォトフレーム」の3種類をリリースしました。

「大隈重信像」と「大隈記念講堂」は早稲田大学を象徴する銅像と建造物で、例年であれば多くの学生が記念撮影をするスポットです。そこで、LESSARの空間認識ARにより3Dの大隈重信像と大隈記念講堂が出現するようにし、学生たちが部屋やベランダなど好きなところに大学のシンボルを置いて一緒に写真が撮れるよう企画しました。

また、「記念フォトフレーム」はマーカー型ARで配信され、大隈重信像と大隈記念講堂をモチーフに桜があしらわれた卒業式・入学式にふさわしい早稲田大学オリジナルのフォトフレーム(3種類)で写真撮影が楽しめます。フォトフレームには年と月も記されており、その年だけの特別なコンテンツとなっています。

早稲田大学卒業・入学記念WebAR

スマートフォンで体感 卒業記念WebAR 
スマートフォンで体感 入学記念WebAR


公式サイトからは、卒業式には「#祝早稲田卒」、入学式には「#春から早稲田」のハッシュタグをつけて、撮影した写真をSNSに投稿してもらうよう呼びかけました。卒業式当日、大隈重信の3Dは3,000ほどのアクセスがあり、公式のTwitterでも「早稲田大学らしい」と話題になり、多くの卒業生により投稿が拡散されて盛り上がりました。

ウェブARはウェブサイトやSNSから直接AR体験を提供できるため、早稲田大学の卒業式・入学式のように、急に開催できなくなってしまったリアルイベントのオンライン施策としてすぐに企画~実施が可能です。

特に空間認識ARなら机や床などの平面を認識し、実際にそこにあるかのようにコンテンツを表示することができるため、キャラクターや家具、建物を見せることに適したAR活用方法となっています。

リアルイベントが開催できない代わりにSNS上で話題になる企画を用意して盛り上げれば、ユーザーの期待を超える満足度の高い施策が可能です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加